神山 奈々   Nana KAMIYAMA

1986年、群馬県前橋市生まれ。東京音楽大学付属高校から作曲を専門的に学び、同大学卒業後、同大学院修士課程を修了。
現代音楽の分野において、オーケストラ曲、室内楽曲、合唱曲、吹奏楽曲、邦楽器のための作品に取り組み、創作活動を展開している。近作としては、オーケストラのための
『きっと、またここで会えますように』が広島交響楽団によって初演された。放送の音楽や劇音楽、教育現場のための実用的な音楽作品も制作している。邦楽作品に意欲的に取り組み、自身は薩摩琵琶・長唄・三味線を学んでいる。
第79回日本音楽コンクール作曲部門第3位(2010)、2013年度武満徹作曲賞第3位などの入賞歴がある。これまでに作曲を有馬礼子、西村朗、細川俊夫の各氏に師事。

現在、東京音楽大学非常勤講師を務め、音楽理論、ソルフェージュ等の指導にもあたっている。

 

Born in Japan in 1986. She graduated from Tokyo College of Music, and took a master’s degree in 2010. She won the 3rd prize at the Music Competition of Japan (2010) and Toru Takemitsu Composition Award (2013).She became interested in music perception from a cognitive psychological perspective and has pursued experimental work through composition. Her work extends to the composition for traditional Japanese instruments and she currently studies Satsuma-biwa and Nagauta-shamisen. Now she works for composition Department at Tokyo College of music as a teacher. Her recent work includes “If I wish, we shall meet again” for Orchestra (2019) and “A bird sleeping under the blossoming tree” for piano(2020) among others. She studied composition under Reiko ARIMA, Akira NISHIMURA, and Toshio HOSOKAWA.
 

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

Copyright © 2020 MiyukiFURUTA / NanaKAMIYAMA All Rights Reserved.
​デザインの著作権はMiyukiFURUTA / NanaKAMIYAMA が保有しています

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now